スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

049/100 B'z「The 7th Blues」

9月21日はB'zデビュー記念日、23日は稲葉浩志の誕生日、ということで

7枚目と同じ書き出し・・・というか1年で42枚・・・)

今回はB'zを、と思ったのですが

25周年目突入、日本一売れてるバンドであり

中でも日本2番目に売れたCD(「Pleasure」)もあるしな・・・と

選ぶタイトルに迷っていたわけですが、

一番個人的な思い入れが強い作品を、と思いまして

94年の作品である「The 7th Blues」を今回は紹介いたします。


個人的な思い入れ、の側面は上のリンク(「1Day,1Disk」100枚目!)を

参照していただくことにいたしまして、まずはB'z史概略を。

「クリィミーマミ」ED曲「LOVEさりげなく」でレコーディングデビューし

ジャパメタブームの中でスタジオミュージシャンとして活躍、

特に浜田麻里のツアー・レコーディングサポートとして有名となり

鳴瀬喜博らとのセッションバンド「うるさくてゴメンねBAND」や

TM Networkのツアー・レコーディングサポートとして

「TMのマスコットボーイ」として高い人気を経た松本孝弘が

パーマネントな活動を行うバンド(ユニット)としてシンガーを探し、

ビーイング音楽振興会(ビーイングの音楽学校)でレッスンを受けていて

松川RAN敏也のソロアルバムに(学生だったので)覆面シンガーとして参加し

プロデビューに向けてT-BOLANなどとの対バンイベントを行い

作詞・作曲家としても前田亘輝ソロアルバムに参加していた

(このアルバムには松本も参加)稲葉浩志と結成し、

88年9月21日にシングル「だからその手を離して」、アルバム「B'z」でデビュー。

同年5月に発売された松本の1stソロアルバム「Thousand Wave」より売れず

オリコン集計外でのデビューという形となりましたが

89年のミニアルバム「BAD COMMUNICATION」がディスコへのサンプル盤配布、

CM(富士通FM-TOWNS)でのオンエアや有線リクエストからじわじわと話題になり

90年のシングル「太陽のKomachi Angel」で初のオリコン初登場1位を獲得、

その後は出せば全ての作品がほぼ1位、

その高い演奏技術と派手な演出・・・日本では数少ないスタジアム級ロックバンドとして

ライブチケットも完売が続き、このブログを書いている現在はアメリカツアー中です。


90年から人気に火が付き、タイアップ・カラオケボックス普及と結びついた

CD市場のバブル的な膨らみの中で、デビュー時のデジタルサウンドをどんどん削り落とし

91年の「IN THE LIFE」、92年の「RUN」でロック路線を確立、

他の同じビーイングのバンド・・・T-BOLANやWANDS等との差別化を図るためか

よりハードでブルージーな路線へと転換していくことになります。

(これは本人たちの音楽性とともに、事務所の方針というものも大きく

1年に及ぶこの94年のツアー中、『髪を切ることに事務所NGが出た』そうです)

その中で発売された2枚組・全20曲・5500円という大作が

この「The 7th Blues」でした。

『通常のアルバム2枚分だからお得だろ?』と言わんばかりの価格、

(Guns'N Rosesの「Use Your Illusion」を意識?)

エアロスミス的なロゴデザインに革張り風のデザインの箱と

「カラオケ受けするポップなロックユニット」というイメージに

真っ向からぶつかるようなアートワーク。

こんなアルバムでも100万枚以上売れたんですから

当時のCDバブルというのはすごかったんだなぁと再認識できます。


サウンド面は、ボン・ジョヴィやグリーン・デイなどを手掛ける

クリス・ロード・アルジとその弟であるトム・ロード・アルジによるミックスが行われ

へヴィでありながらもすっきりとした音像が作られており、

「RUN」での「ミックスがしょぼすぎてサウンドの魅力が伝わらない歯がゆさ」が

大きく改善されたのはいいことだったと思います。

(B'zの初期アルバム、リマスター再販するべき時期は来ていると思うんですが)


「青盤」ことDisc1からさっそく再生してみると

電話とB'zについて話す外国人の会話(ロード・アルジ兄弟の会話?)から

ジャジーなオルガン+ブラスのイントロの「LOVE IS DEAD」。

B'zの持つジャジーなサウンドの根底には、松本のミューズ音楽院時代の

ジャズに関する学習の成果があるわけですが

前作であるAOR風味のコンセプトミニアルバム「FRIENDS」と今作で

そのジャズテイストの魅力が前面に出てくるようになったのは

彼らをただの一過性のロックアイドルにしなかった部分であると思います。

続く「おでかけしましょ」ではスカのテイスト、

「未成年」では後の稲葉ソロに通じる詞世界が、

「闇の雨」では優しい質感のバラード・・・と

1曲ごとに多彩な表情を見せつつも

松本孝弘が弾き、稲葉浩志が歌えばそれがB'z、という

B'zとしての「ゆるぎないもの」が出来上がったのが

この時期だったのかもしれない、とも思いました。

雄大なスケールの「赤い河」、そしてアメリカンな肌触りの「WILD ROAD」で

このDisc1は締めくくられます。


そして「赤盤」ことDisc2は先行シングルであり、ドラマ主題歌としてリリースされた

「Don't Leave Me」で始まります。

このブルージーなロックバラードで始まる2枚目は、

ツェッペリンを引用した「Sweet Lil' Devil」、

アーバンでメロウなレアグルーヴ「THE BORDER」と

さらにバラエティ豊かになる一方で

1stシングルのカップリング曲であった「ハートも濡れるナンバー~Stay Tonight」の

英詞セルフカバー「SLAVE TO THE NIGHT」に

(アレンジは93年のライブ「Pleasure'93 JAP THE RIPPER」で披露したバージョンが元)

ブルージーにカバーされた91年のポップなナンバー「LADY NAVIGATION」といった

過去のナンバーを現在の解釈でカバーする楽曲が入っているのも特徴であり

その一方で過去の日本のブルースナンバーに目くばせするような

「もうかりまっか」といった遊び心のあるナンバーに

「春」のような切ないナンバーも収録、

そしてアルバムを締めくくるのは

ビートルズの「Hey Jude」を彷彿とさせるコーラスの

「farewell song」。


このアルバムと1年に渡るツアー「The 9th Blues」、

そしてシングル「MOTEL」で94年のB'zの活動が終り、

この年を最後に制作チーム「B+U+M」を解体。

翌95年からは新体制での制作を行うこととなります。

アレンジャーから明石昌夫が外れ、稲葉がアレンジに参加するようになり

「ねがい」「love me,I love you」「LOVE PHANTOM」、

そしてアルバム「LOOSE」と新たな代表作を生み出すことになり

「7th」でのハードな路線で離れ気味だったファンを引き戻すことにもなるのですが

94年時点での「やりたい音楽」をすべて詰め込み、

それを稲葉の声と松本のギターでB'z色に染め上げ、

その上でハードな手触りに仕上げたこのアルバムは

発売から18年が過ぎても聴くたびに新たな発見があるような

そんな魅力に溢れた作品であり、

「なぜ彼らは日本の音楽シーンの頂点に居続けられるのか?」の

回答例ともなりうるアルバムだとも思っています。

ベスト盤しか聴いていない、という方にも聴いてほしい、そんな2枚組です。



スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

045/100 SCOTT GOES FOR「SCOTT GOES FOR」

45枚目の作品はこちら。

northern bright、nudge’em all、そしてCymbalsの

ソングライターたちが結集したスーパーバンド、

SCOTT GOES FORの1stアルバムです。


沖井礼二(ex.Cymbals、FROG)と新井仁(northern bright、N.G.Three、Ron Ron Clou)に

原“GEN”秀樹(northern bright)、坂木誠(nudge’em all)が

「コピーバンドでも作って遊ぼう」と結成した1970sを前身に、

バンド活動を続ける中で自然とオリジナル曲を持ち寄り、

活動を開始したのがSCOTT GOES FOR。

沖井、新井、坂木という3人のソングライターに、

数々のアーティストのサポートを行ってきた原、という

4人の組み合わせが生み出すのは

それぞれのソングライターのカラーを色濃く出しつつも

疾走感と遊び心に溢れたシンプルなロックサウンドとなっております。


全10曲、沖井作曲の2曲のみは5分を超えるものの

ほとんどの曲が3分前後というコンパクトさ。

1曲目「Seventeen」からラストの「Crazy Lazy Summer」まで

34分26秒という短さながらも、その勢いと楽曲のバラエティ、

そして意図した上での粗さもありながらも、

熟練のテクニックを感じるプレイで

10代の初期衝動と40代の技量を組み合わせた

聴きごたえある1枚となっております。


そしてなによりも新井、沖井、坂木というカラーの違うソングライターたちが

疾走感のあるロックサウンド、という共通項を持ちながらも

それぞれのカラーを前面に出した曲を作り、

その曲調のバラエティ感がうまく機能している点に

このバンドの新人でありながら熟練っぷり、を感じます。


ライブでの新曲発表もあり、次なる展開も期待できそうな彼ら。

お近くに来られた際には、ぜひ生で体感してほしいバンドであり

その予習も兼ねて聴いてほしいアルバムです。




テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

033/100 DOPING PANDA「DANDYISM」

33枚目のセレクトは、本日1月28日に

4月19日のライブでの解散」を発表したDOPING PANDAの

メジャー1stフルアルバム「DANDYISM」です。


97年に結成、2000年より現在の3人編成となった

"ROCKSTAR"FURUKAWA(vo&g)、HOUJOU(b)、HAYATO(ds)。

パンクからクラブ・ミュージックを取り入れた「踊れるロック」へと特化し

インディー時代からライブハウスを続々と満員にしていき

ディズニーロックカバーアルバムへの参加でその知名度を高めることになります。

そして争奪戦の末ソニーからのメジャーデビューを果たし

ミニアルバム「High Fidelity」でデビュー。

Highシリーズ第2弾「High Pressure」を経て

今回紹介する「DANDYISM」をリリースいたします。


先行シングル「MIRACLE」、そして「FIRE」「Hi-Fi」といった既出曲に

今回のアルバム用の新曲である「Blind Falcon」や「Moralist」

「Teenage Dandyism」など、ロックとデジタルビート、

さらにレゲエなどの要素を雑食的に取り込みつつも

ポップで踊れてしっかりと尖っている、そんなバランス感覚のよさに

ROCKSTARのやや癖のある歌唱が乗ることで完全に彼らのサウンドとなり

インディー時代の魅力をそのままに、サウンドをグレードアップすることで

メジャー感のある仕上がりへとアップグレードされている1枚となりました。

そして彼らの最大の魅力である、ひたすら踊り、暴れさせられるライブも

またメジャーになることでスケールアップしていったわけです。


しかし、メジャーに移籍する=新しい客層を開拓し、セールスを上げ続けることを

要求されるようになる、ということでもあります。

まず彼らがとった方向は、英詞曲を減らし、日本語曲の割合を増やしていき

ポップな要素を強めていくということでした。

しかしこの方向性は彼らの持っていた鋭さを鈍くしていったようにも感じられ、

ライブではインディー時代やこの「DANDYISM」時代までの曲くらいが

盛り上がるという状態になってしまっていたように思います。


そして大型タイアップに恵まれてもセールスが微妙だったこともあり

(これに関しては、CMタレントさんの旬が過ぎていたというのも要因ではあると思いますが)

彼らは制作体制を変更することになります。

プライベートスタジオを作り、そこで顔を突き合わせながら

DIYで新しいことへと挑戦していくという制作体制。

その体制からアルバム「YELLOW FUNK」が生まれ、

全国を巡るライブツアーも行ってきました。


しかし、その挑戦はいつしかバンドの限界を彼らに見せていたようで

それぞれの音楽性などを追求するための解散、という結論を

導き出すことにもなってしまったようで、それも残念ではありますが

仕方のないことだったのかもしれないと思っている自分もいます。

彼ら3人のラストライブ、そしてこれからの活動を楽しみにしつつ

この「DANDYISM」や他の作品を楽しみたいと思います。






テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

017/100 SUPER BUTTER DOG「犬にくわえさせろ」

17枚目のセレクトは、SUPER BUTTER DOGの1stアルバムです。

現在はハナレグミとして活躍する永積タカシ、マボロシの竹内朋康、

レキシ、100sの池田貴史たちが参加していたファンクバンドとなります。


このインディーズから96年にリリースされた(下のアフィリエイトはメジャーからの再発盤)

1stアルバムは後のメジャー作に比べ、どこかシリアスな視点を歌詞にも感じ

サウンドの持つ熱さの中にどこかクールな部分も持ち合わせております。

アルバムタイトル曲である「犬にくわえさせろ」は

ファンキーなリズムと女声コーラスがパワフルな

まさにファンクの王道といったナンバーとなっており

続く「僕はこうきりだした」は竹内の鋭いギターと永積の抑えたヴォーカルが

このバンドの深みを感じさせます。

3曲目の「チョコレート・ジャムズ」は6分半の長尺ですが

しっかりと盛り上げていく楽曲となっており、

「CHEEBA-CHEEBA」は後のメジャー移籍後の路線を彷彿とさせる

コミカルなナンバーとなっております。

その後の「真夜中のスーパー・フリーク」「ゆっくりまわっていくようだ」

「MAD MEN」「DISCO DRUMMER」という流れは

ひたすら盛り上がっていく流れ、と

生で聴きたくなる魅力に溢れております。


その後の彼らはメジャーデビューし、

「サヨナラCOLOR」という代表曲を生み出すわけですが

2008年に解散、前述の各活動へと分かれていきます。

しかし、この1stのもつ熱さ・黒さはその後のあらゆる活動の原典になっていると思います。

熱いファンクバンドが聴きたいという方におすすめしたい1枚です。



テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

015/100 WANDS「PIECE OF MY SOUL」

15枚目に紹介するのはWANDS4枚目のアルバム(フルアルバムでは2枚目)にして

「第2期WANDS」最後のアルバムとなった「PIECE OF MY SOUL」です。


WANDSは91年、まだ10代だったヴォーカル・上杉昇と

スタジオミュージシャンとして活躍していたギター・柴崎浩、

キーボード・大島康祐(現在の表記は大島こうすけ)の3人のグループとして

ドラマ挿入歌「寂しさは秋の色」でデビューしました。

この編成ではシングル3枚とミニアルバム1枚をリリースするも

92年リリースの3枚目のシングル「もっと強く抱きしめたなら」でヒットの兆しが見えたころ

大島が自分のグループであるSO-FI結成のため脱退、後に木村真也が加入することで

「第2期WANDS」がスタートいたします。

中山美穂とのデュエット「世界中の誰よりきっと」の大ヒット、

紅白歌合戦を含む歌番組出演などで人気を高め

(この頃から所謂「ビーイング現象」が始まることになります)

93年のシングル「時の扉」と初のフルアルバムである「時の扉」で

完全にブレイクすることになります。


「愛を語るより口づけをかわそう」「恋せよ乙女」などのヒット曲を連発する中で

彼らを含めたビーイングのアーティストに対するバッシングが始まることになります。

『どの曲も同じに聞こえる』『アーティストの顔が見えない』など・・・

今にして思えば、大手事務所をバックに持たない、もともとスタジオミュージシャンの集まりからの

音楽制作会社という裏方的な色彩が強い事務所だったビーイングへの

他事務所からの圧力的な側面もあるのでは、という話ではあったわけですが

そこからビーイングは各アーティストに方向付けをしていくようになります。

ハードロック路線へと移行していたB'zは髪を伸ばし、さらにハードな路線を進むなど・・・

従来どおりの路線として「Jumpin' Jack Boy」をリリースしたWANDSも

路線変更に向けて動き出すことになります。

まずはこれまでの路線の集大成となる名バラード「世界が終わるまでは・・・」

アニメ「スラムダンク」のED曲としても知られるこの曲は

「WANDS」というグループの代表作ともいえる楽曲となりますが

ここで彼らはこの路線から、新たな路線へと進むことになるのです。


栗林誠一郎のアルバムに収録されていた「It's My Treat」を

上杉が愛するグランジサウンドでカバーしたシングル「Secret Night~It's My Treat」。

これまでのアルバムの中にも片鱗を見せていた『本当に上杉がやりたかったWANDS』が

このシングルでついに表に出ることになったわけです。

そして、このシングルを先行として、ハードでヘヴィ、そしてダークなサウンドが前面に出たアルバムが

今回紹介する「PIECE OF MY SOUL」です。


「パンクロックを聴いてはミルクを飲む老婆 もうその瞳には未来しか映らない

ベビーベッドの中で産まれたての彼は 殺人のニュースにほら 無邪気な笑みを浮かべてる」

そんな歌詞で始まる1曲目「FLOWER」、そしてタイトル曲である8曲目「PIECE OF MY SOUL」には

これまで「大人気のポップロックバンド」というパーソナリティに隠れていた

『こういう音楽をやりたかった』という上杉の喜びを感じます。

その他の楽曲・・・「Love & Hate」や「Foolish OK」、

そして柴崎の弾くガットギターの音も美しいバラード「DON'T TRY SO HARD」にも

上杉の詞世界・・・痛みや孤独という側面が色濃く表現されており、

バブルが崩壊し、先行きに対する不安が世界を包んでいくその空気を

盤面に焼き付けたような作品に仕上がっております。


このアルバムの後、「世界が~」までのシングルをまとめたベスト盤をリリースし

このアルバムの方向性を突き進めた「Same Side」「WORST CRIME」の2枚のシングルをリリース、

そして次なるアルバムに向けてのレコーディングを進めますが、

サウンドが尖ったことによるセールスの低下などの原因により

ビーイングと上杉の間に決定的な亀裂が生じます。

上杉と柴崎はビーイングを離れ、移籍の後al.ni.co.として再デビュー、

ビーイングに残った木村は「第3期WANDS」のリーダーとして

和久と杉本という新メンバーを加え、活動を続けていくことになります。

しかし、この分裂劇は特にWANDS側にダメージを与え、

第3期は「紛い物」的な悪いイメージのままセールスを落とし続け

オリジナルアルバム1枚、ベストアルバム2枚を出して解散、

一方のal.ni.co.もアルバム1枚で袂を分かち

上杉はソロとして、柴崎はT.M.Revolutionのツアーメンバーから

abingdon boys schoolメンバーとして活動していくことになるのです。


このアルバムで唯一木村が作曲した

「MILLION MILES AWAY」は、3期のアルバムでセルフカバーされています。

その歌詞の一節「果てしないしがらみを一人行こう」という言葉どおりに

一人しがらみを背負い、活動を続けた木村、

ひたすらに自分のやりたい音楽を突っ走る上杉、

スタジオミュージシャンとしての立ち位置に戻り、

バンド・セッションプレイヤーとして活動する柴崎、と

3者それぞれの道を歩んだ彼ら。

その彼らの道が奇跡的に重なった唯一の瞬間といえるこの1枚は、

ビーイングや90年代ロックを語る上で外せない名盤といえるでしょう。




テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

プロフィール

barkindog

Author:barkindog
音楽好きの三十路半ばのおっさんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。