スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

051/100 Cymbals「Mr.Noone Special」

すっかり3か月くらい放置しておりました・・・

ブログタイトルの変更告知すら「1Day,1Disc」のほうでやったきりで

こちらでは一切アナウンスしていませんでしたし。

というわけで「Lifetime 100discs」、これからもよろしくお願いいたします。


さて、折り返し点を過ぎて1枚目は、解散後のメンバーの作品を紹介して

本体のほうをまだ紹介していなかったこちらのバンドの1枚を。

Cymbalsの2ndアルバム「Mr.Noone Special」です。


沖井礼二、矢野博康、そして土岐麻子の3人によって結成された

このバンドのコンセプトは「かわいくっていじわるな感じのバンド。ただしパンク」。

メインのソングライティングを担当する沖井の世界を

矢野の正確なドラムと、土岐の柔らかな声が表現するという

そんな活動を行う『ネオ渋谷系』と呼ばれたバンドでした。


そのサウンドの根幹はパンクの疾走感とポップスの甘さ、

そこにジャズの渋味をスパイスに効かせたような

心浮き立つサウンドであり、洋楽テイストの強さ(アルバムの大半は英詞曲)に

土岐の歌声がかっちりとはまり、「毒気のあるかわいさ」という

バンドのコンセプトを反映するキャラクターをつけているのが

このバンド最大の特徴であるといえます。


インディーズでの2枚のミニアルバムで荒削りだったサウンドが

メジャー1st「That's Entartainment」で

洗練されたポップ感に変化して、8か月の間隔でリリースされた今作。

パンクの疾走感をうまく昇華した、良質なポップスとして完成されたアルバムとなっており

シングル曲「Do You Believe In Magic?」「Highway Star,Speed Star」2曲の

恐ろしいほどの完成度が、このアルバムの内容をうまく表現しております。

特に「Highway~」の持つ速度違反誘発的なスピード感は

このバンドの持つ魅力をぎゅっと凝縮した1曲であると思います。


この作品の後、カバーアルバム、リミックス盤を挿み

矢野主導のエレクトロ/ハウスに傾倒した3rd「sine」、

結果的に最終作となった沖井主導の4th「Love You」を経て

2003年に解散を発表、2004年1月のライブを最後に

彼らはそれぞれの活動に入ることになります。


サックスプレイヤーである父との共同作によるジャズカバーから

親交深い作曲陣を迎えてのポップス、そして80年代シティポップ路線へと

転換しつつ、CMソングなどでお茶の間にも存在感を示す土岐。

Nona ReevesやRHYMESTER、キリンジといった早稲田閥のアーティストから

ハロプロなどのアイドルポップへの曲提供/プロデュースなどを手掛け

最近では南波志帆のプロデュースで注目される矢野。

そしてソングライターとしての能力をFROG、SCOTT GOES FORで発揮しつつ

最近ではTwinklestars(さくら学園バトン部)や竹達彩奈への曲提供

(竹達に関してはほぼプロデュースチームの中心人物)も行う沖井。

3者がそれぞれ得意なフィールドで活躍しつつ、土岐と矢野は南波志帆の作品で

再度の共演を行っております。


現在Cymbals作品はCDでは入手難となっておりますが

iTunes Storeでの配信が行われておりますので

最近のメンバーそれぞれの作品から遡って聴きたいと思っている方は

そちらを利用されるのがいいのかもしれません。






スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

043/100 SPANOVA「Dead Music Flamingo」

なんとか月1枚ペースは回避できました。

「Lifetime 100Disks」、43枚目のご紹介は

兄弟宅録ユニット、SPANOVAの1stフルアルバム

Dead Music Flamingo」です。


KENとSHINのTASAKI兄弟が、自宅スタジオで

それまで彼らが触れてきたカルチャー・・・

70~80’sロックやポップス、ヒップホップ、ジャズなどを

混ぜ合わせ、消化し、生の感覚漂う彼らなりの音楽として

形にしたのがこの作品となります。


打ち込みと(生活音を含めた)サンプリング、生のサウンドの融合は

どこか乾き、醒めた質感を持ちながらも、

メロディやリズムの持つ魅力にぐいぐいと引き込まれる作品となっており

90年代末の日本だからこそ生まれた音楽や言葉でありながらも

普遍性をもつエバーグリーンなポップスとして成立した

そんな1枚となっています。


先行シングルであった1曲目「魂は木の葉のように」の

グルーヴ感と高揚感に心をわしづかみにされたら

「僕らの孤独はタンバリンを鳴らす」の静謐さ、

「Mr.JOY」の乾いた憂鬱さ、「スピーク」の猥雑さ、

「響き犬」のソウルセットに通じるヒップホップ感覚、

「朝のテーブルに足りないもの」の幸せな朝の風景の底の寂しさ、

「Feelin' Like That....?!!」の都会感、

「終わらせてしまえ!!!」の疾走感、

そして「Everyday」に漂う諦観と、それでも日々の生活を送る、という決意。

都市生活者のためのサウンドトラックとでもいえるアルバムであり

彩度の低い風景を飾る音楽、という印象があります。


現在は現代音楽というか音響系ともいえる活動へとシフトしており

また、楽曲提供やリミックスなどでも活躍しておりますが

同じ兄弟ユニットであるキリンジとは違う質感をもった

ポップスを作り出す才能豊かなソングライターとして

聴いたことのない方にはぜひ触れてほしいアーティストです。


CDは現在入手難のものが多いですが、

iTunes Storeで全リリース作品が配信されておりますので

この作品を含め、全作を楽しんでいただければ、と思います。



テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

037/100 FROG「EXAMPLE」

37枚目はこちらの作品を。

元Cymbalsリーダー、現SCOTT GOES FORメンバーであり

ゲーム、TVCMなどへの楽曲提供でも知られる

沖井礼二のソロプロジェクト・FROGの1stアルバムです。


Cymbals解散後、シンガーであった土岐麻子はソロ活動を行っており、

ドラマー・矢野博康はプロデュースなどで活躍、

リーダーであったベースの沖井は楽曲提供などの仕事を中心に活動していましたが

時々行うライブ以外の表立った活動は行っておりませんでした。

Cymbalsサウンドを牽引していたそのポップセンスは

裏方仕事として発揮されてはいましたが、

表立った活動が待たれる状態でもあったわけです。


そんな彼がソロプロジェクトとして2006年から始めたのがこのFROGでした。

その名前は彼が愛するカエルから名づけられ、固定シンガーを置かないプロジェクトとして

彼がCymbalsや提供曲で発揮してきたややねじれたポップセンスを

前面に出しての活動を行い、そして2008年にこの1stアルバムをリリースしたわけです。


先行シングルとしてタワーレコードとHMVでそれぞれ限定シングルを発売し、

アルバム内容を垣間見せてのリリースとなった今作。

ジャケット等のアートワークも

Cymbals時代にアートディレクションまで担当していた沖井のカラーが出た

スタイリッシュな作品となっております(ジャケットはヤドクガエルのアップですね)

サウンド的にもCymbals時代の延長線上にある

疾走感のあるポップスが中心となっているわけですが

(特に女性ヴォーカル曲にその傾向が強いように感じます)

Cymbalsよりも一層ディープなサウンドとなり

深みを感じられる濃密な作品となっております。


FROGとしては翌2009年に2ndアルバム「Caricature」をリリース後

リリースは現在停止しておりますが、

沖井はnorthern brightのメンバーたちと新バンド・SCOTT GOES FORを結成。

ロックンロールの初期衝動をぶつけたような楽しさが伝わるサウンドを

響かせてくれている他、アイドルや声優への曲提供では

Cymbalsテイストを漂わせながらもさらにポップでキャッチーな楽曲を書いており

2012年もその活動に注目したいアーティストといえるでしょう。



テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

029/100 土岐麻子「TALKIN'」

29枚目のセレクトは、邦楽ポップスを。

元Cymbalsのヴォーカルであり、

数々のCMソングや他アーティストへの客演でも知られる

土岐麻子の移籍第1弾アルバム「TALKIN'」をご紹介いたします。


Cymbals解散後、ジャズカバーアルバムを中心にリリースし

95年にインディーズよりオリジナルソロアルバム「Debut」をリリース。

キリンジ堀込高樹などの曲提供を得て、傑作ポップスアルバムに仕上がり

カバーアルバムを挟み、オリジナル曲アルバムとしては2nd、

メジャーレーベル(Rhythm Zone)からは初となる今作をリリースしました。


今作はNONA REEVES、川口大輔、toeなどの豪華作家陣が参加、

SUGAR BABEなどの日本語シティポップの流れを汲み、

幅広い音楽性でありながらも「土岐麻子」という一本の芯をしっかりと感じる

良質なポップアルバムとなっております。


その「芯」を形成しているのは彼女の優しい歌声と

彼女のこれまでの人生経験が反映された

リアルな女性の心情を反映した歌詞であり、

その二つによってこのアルバムは

80年代のシティポップの風合いを持ちながらも

しっかりと2007年のリアルタイムの作品として、

それでいながらもエバーグリーンなポップスとして

通用するアルバムになっているといえるでしょう。


「モンスターを飼い慣らせ」「ファンタジア」「眠れる森のただの女」など

詞、曲、アレンジ、そして歌唱が有機的に結びついた

珠玉のポップナンバーが詰まった1枚。

寂しい夜のおともにどうぞ。



テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

025/100 堀込高樹「Home Ground」

あけましておめでとうございます。

今年もゆるゆると更新してまいりますので、よろしくお願いいたします。

(理想でいえば、今年中に100枚完結したいのですが・・・)


さて、1月の正月休み真っ只中。

大きいお店は初売りで忙しいですが、商店街や官庁街、

オフィス街は冷たく、静かな空気に包まれて

少し独特な雰囲気を感じる時期でもあります。

そんな雰囲気にぴったりな1枚が、今日紹介する

キリンジ・堀込高樹(兄)のソロアルバム「Home Ground」です。


キリンジの移籍、制作体制変更(セルフプロデュースへの移行)期の

しばしの活動休止期間にリリースされたソロアルバムであり、

「大人のためのちゃんとしたポップス」を制作コンセプトに作られた

ソングライターとしての魅力を存分に発揮した1枚でもあります。


その楽曲たちのテーマになっているのは「冬」。

特に原田郁子(クラムボン)をゲストコーラスに迎えた「冬来たりなば」は

この時期の静かな街の中を初詣に向かう情景が美しく描かれており

キリンジで見せていた美しいメロディを前面に出した作品となっています。

「絶交」のひねくれ具合や「クレゾールの魔法」の変態っぷり、

「涙のマネーロンダリング」の視点など、キリンジで見せる捻りの成分も

ソロということで兄成分さらに増量という形となっています。


「一度きりの上映」の失われてしまう情景への寂しくも美しい視点、

「パレードはなぜ急ぐ」の妖しさなど、聴けば聴くほど高樹ワールドへとはまりこむ作品。

前回紹介の「The Nightfly」に匹敵する、国産大人向けポップスアルバムの

代表的な1枚といっても過言ではないアルバムといえるでしょう。


現在はキリンジとしての新作制作中、

ソロとしては「グラノーラ・ボーイズ」というバンドを結成しての

イベント出演などを行っておりましたが、いまだ音源リリースの予定はなし。

弟・泰行の馬の骨は2ndアルバムをリリースしておりますので、

濃厚な兄成分に溢れたソロ活動での次作にも期待したいと思います。






テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

プロフィール

barkindog

Author:barkindog
音楽好きの三十路半ばのおっさんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。