スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

041/100 indigo jam unit「REALism」

せめて月刊ペースは脱したい。

そう思いつつの41枚目は和ジャズから。

indigo jam unitの「REALism」です。


ウッドベース、ピアノ、ドラム、ドラム兼パーカッションという

リズム隊偏重のカルテット編成のこのバンド。

その編成から想像できる音の通り、極太で濃厚、

そしてブラック・ミュージックにも通じるリズムが

最大の持ち味であるとともに、そのレコーディングは

すべて一発録音+修正無しという完全なライブ感覚で行われ

それゆえにスタジオ盤でありながらもライブ盤のような

緊張感とパワフルさに満ちた作品を生み出し続ける

そんなバンドでもあります。


この3rdアルバムでも、1曲目「Adrenaline」の最初から

ぶっといベースのサウンドに、テンションの高いピアノが絡み

タイトル通りのアドレナリンの沸き立つ楽曲となっているわけですが

ベースが主導権を握るごりっとした曲と、

ピアノが主導権を握るメロディアスな曲の緩急のバランスが良く

前半はパワフルな曲中心(特に「Matador」のスパニッシュなかっこよさといったら!)

後半は静かでメロディアスな曲が中心となっており

熱くなった身体と心をクールダウンさせてくれるような

そんな構成になっているのも、アルバムを通して聴く楽しみになっています。


リズム隊のパワフルさももちろん彼らの魅力ではありますが、

ただのごりごりとしたパワー押しでない確かな技量を感じるあたりに

彼らの人気の理由を思ったりもいたします。

ロック好きの方がまず最初に聴く日本のジャズバンドとして

おすすめしていきたい魅力に溢れたバンドであり

分厚いリズム隊とスリリングなピアノの応酬は

クラブミュージック好きな方にも聴いて頂きたい作品でもあります。

熱さと繊細さを兼ね備えた魅力に、ぜひできるだけいい音で触れてください。

(是非、生で見てみたいバンドでもあるのですが・・・)



スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

035/100 SOIL&"PIMP"SESSIONS「PIMP MASTER」

2月最初の更新になります。

今回ご紹介する1枚は、日本のクラブジャズシーンを代表する

”DEATH JAZZ"バンド、SOIL&"PIMP"SESSIONSの2ndアルバムです。


ロックバンドも真っ青の爆音で演奏し、

メガホン片手の『扇動者(アジテーター)』ががなる、

そんな世間一般の「ジャズ」のイメージを外れたパフォーマンスは

レコードデビュー前から話題となり、音源リリース前に

フジロックフェスティバル出演まで果たし、

ジャイルズ・ピーターソンに見出され毎年海外ツアーにも出るという

そんな彼らの音楽は一言でいえば「猥雑」。

熱く、うるさく、激しく、騒がしく、そしてかっこいい。

ジャズというジャンルの原初の姿はこうだったのでは?と思わせる

そんな酒とタバコの匂いがする「ナイトクラブが似合うジャズ」の現代版が

このバンドの音楽であると思います。


そのサウンドのリードを担当するのは

トランペットのタブゾンビとサックスの元春のホーン隊。

このアルバムでも「No Taboo」などでパワフルにバンドを牽引します。

ピアノの丈青も「Avalanche」などのナンバーでその魅力を存分に発揮し

リズム隊の秋田ゴールドマン(Ba)とみどりん(Dr)も

バンドのボトムをしっかりと支えております。

そんなバンドのサウンドに石炭をくべるのは

ヴォーカルでなくアジテーターである社長の声。

彼の声が入るたびに、曲のテンションはいや増していきます。


現在のゲストシンガーを迎えたりした作品も楽しく聴けるのですが

初期作品のもつバンドサウンドの熱気を是非体感していただきたいと思い

今回はこの2ndをセレクトさせていただきました。

できるだけ爆音で(ご近所の迷惑にならないレベルで)

この熱い音の洪水を浴びていただければ、と思います。

(できればライブで聴きたいですけどね・・・)



テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

027/100 quasimode「The Land of Freedom」

1/4に到達したのにまだ選んでないジャンルがあった。

というわけで27枚目は日本のジャズから、

quasimodeのメジャー1stアルバム「The Land of Freedom」をご紹介。

「1Day,1Disk」では770枚目でした


平戸祐介(Pf、Key)、松岡“matzz”高廣(Perc)、須長和広(Ba)、奥津岳(Dr)のカルテットに

ゲストを加える形での活動を行っている彼ら。

60~70年代ジャズの基本を押さえながらも、フロアユースにも通用する

クラブジャズのリズム感を取り入れたサウンドで、

インディでの活動時点より海外のクラブシーンからも注目を浴びていました。


そのサウンドは王道ジャズでありながらもスタイリッシュ。

リーダーである平戸がピアニストであるがゆえに、美しいメロディを中心に

まろやかなリズムが絡んでいくという構成となっており

ジャズ好きにとっても、クラブミュージック好きにとっても楽しめる

クールでスムース、フロアでも家でも場所を問わずに

場の空気を流しているだけで変えてしまうような1枚となっています。


今作にはSleep Walkerの中村雅人(Sax)が参加している他

ヴォーカル曲にはCarmen Rundyが参加、

アルバムの要所要所で声の力でアルバムの雰囲気をぐっと大人なものに変えています。

ホーンとピアノの絡みが聴かせる「The Man from Nagpur」、

抑えたリズムに色気のある歌がのる「Object in the Mirror」、

すぅっと場をクールダウンしてくれる「Last Nine Days」・・・と

どの曲もすべてが聴き所であり、

この4人+αだからこそ生まれたサウンドであると

4人それぞれの持ち味が相乗効果を産んでいる楽曲を聴きながら思います。


現在はジャズの王道中の王道であるブルーノートと契約し、

そこからの作品リリース、さらには平戸のソロアルバムもリリースと快進撃を続ける、

日本のクラブジャズを代表するバンドに成長した彼らですが

インディー盤「oneself-LIKENESS」、そして今作といった初期作から

彼らの歩みを確かめてみるのもよし、

そのサウンドのクオリティの高さを楽しむのもよし、という

和クラブジャズおすすめの1枚です。





テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

プロフィール

barkindog

Author:barkindog
音楽好きの三十路半ばのおっさんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。