スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

022/100 Danny Elfman「The Nightmare before Christmas」

クリスマスまであと1ヶ月弱ですね。

22枚目はハロウィンとクリスマスの間のこの時期にぴったりな1枚を、というわけで

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のサウンドトラックをご紹介いたします。

(「1Day,1Disk」では191枚目に紹介しています)


ティム・バートンのデザイン&プロデュースでヘンリー・セリックが監督した

ストップモーション・アニメの名作であり、今でも多くのファンがいる作品です。

(東京ディズニーランドはハロウィン~クリスマスシーズンまで

「ホリデー・ナイトメア」として「ホーンテッドマンション」をナイトメア仕様にしていたり、

フィギュア類は現在でもコレクターズトイ界では根強い人気を誇っていたりもします)

ストーリー的には「グリンチ」などと同じ、

『モンスターがクリスマスを乗っ取り、混乱させる話』と

一言で言えばそういう話になってしまうのですが、

「各人にはそれぞれ適材適所があり、それを見て応援してくれている人は必ずいる」という

モンスターへの優しい視線は、やはりティム・バートン作品であるなぁ、と思うとともに

寂しいクリスマスを送るわが身への慰めともなっております。

そしてキャラクターたちのデザインも、不気味でありながらかわいさもあるという

魅力的なデザインとなっており、そんなキャラクターたちが人形アニメで活き活きと動く姿は、

確かに見ていてフィギュアがほしくなる作品でもございます。


さて、音楽面に関しての話を。

音楽を担当しているダニー・エルフマンは元オインゴ・ボインゴのリーダーであり、

「ピーウィーの大冒険」からのティム・バートン作品のほとんど

(「エド・ウッド」と、ミュージカルの映画化である「スウィーニー・トッド」を除く)の

音楽を担当するとともに、この作品では音楽に加え主人公であるジャックの歌、

さらに悪ガキ3人組のバレル(丸顔)の声を担当しております。

(ジャックの声はクリス・サランドンが担当)

この映画の「不気味だけど楽しげ」というカラーを反映した

数々のミュージカル・ナンバーは映像に魂を与え、

ハロウィンやクリスマスの時期にはつい口ずさんでしまう楽曲となっています。

(特に「This is Halloween」と「Making Christmas」)


映画サントラということで「映像あっての作品」というか

「映像を脳内で再生するための1枚」という感覚もある

(特にこの作品のようにビジュアルイメージが強力な作品は)のですが

「流しているだけで雰囲気ががらりと変わる」ほどの世界観を感じるアルバムであり

映画サントラ、というものの一つの見本であるようにも思います。

毎年のこの時期、映画と合わせて楽しんでいただきたい作品です。

(ということで、↓のアフィリエイトも映画多目でお送りしております。

3D版BD、スペシャルエディションのBD、通常版DVDのお好きなものをどうぞ)


 

 
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

プロフィール

barkindog

Author:barkindog
音楽好きの三十路半ばのおっさんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。