スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

034/100 Thelonious Monk「Solo Monk」

34枚目はこちらの作品を。

「ビバップの高僧」セロニアス・モンクのソロアルバム

Solo Monk」を34枚目としてセレクトさせていただきます。


即興演奏を得意とするプレイスタイルに、

数々のスタンダードナンバーを生み出した作曲能力。

1950年代と60年代に多くの作品をレコーディングし

70年代には第一線を退き、82年に病死したこのピアニストは

リアルタイムのみでなく、死後も高い評価を受け続けることになります。


このアルバムではタイトルどおりのソロアルバムとして

ピアノのみで紡がれた、優しく、ポップで、キャッチーで、

それでいてしっかりとジャズである楽曲たちが納められています。

「Dinah」「I Surrender, Dear」「Sweet & Lovely」・・・

かわいらしく、楽しげな楽曲たちは

「ジャズ」というジャンルに触れる最初の1枚としてもおすすめですし

聴けば聴くほど新しい発見に出会える、そんな1枚ともなっています。


ピアノという楽器の特性・・・1台でリズムもメロディも奏でることができ、

弾き方によってさまざまな味を出すことができるこの楽器を

モンクはやさしく乗りこなし、軽やかでやわらかい音色で

ふんわりと操ってみせます。

そしてその優しい音色で、繊細な世界を描き出し

その中に僕らを優しく閉じ込めてしまうのです。


こんな優しい世界を築き上げる彼は、己を曲げることのない信念の人でもあり

己の音を捜し求める求道者でもありました。

その音に対する真摯さがこのアルバムの骨格となり、

ただ優しいだけでなく奥の深い味わいを与えているのだと思います。


恋人と過ごす甘い時間のBGMとして、

ほっと一息つきたいときのやすらぎの1枚として、

一家に1枚常備しておきたいアルバムです。



スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

プロフィール

barkindog

Author:barkindog
音楽好きの三十路半ばのおっさんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。