スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

048/100 Tahiti 80「Puzzle」

48枚目は、フランスのポップバンドでありながらも

フランス語でなく英語詞で制作を行い、

その爽やかなサウンドで日本でも人気となったTahiti 80の1stを紹介します。


93年結成、98年にフランスでインディーズ・デビュー。

99年に世界ツアー中のCorneliusこと小山田圭吾にデモテープを渡したことで

小山田選曲のコンピレーション盤に楽曲が収録され、

日本での知名度が高まっていたところに

Ivyのギタリストであるアンディ・チェイスのプロデュースでこのアルバムがリリースされ

外資系レコード店で輸入盤が発売され、高い人気を得ることになります。

そして翌2000年、日本とアメリカ、イギリスでの正式リリースが決定し、

広いリスナーを獲得していくことになるのです。


アルバムのミックスを担当するのは

スウェディッシュ・ポップ職人として日本でも知られるトーレ・ヨハンセン。

日本の渋谷系にも通じるデジタルとネオアコサウンドの融合が

ぬくもりを持ちながらもクールな感覚も併せ持った音色として

心のツボをがんがんついてくる作品であり、

爽やかでポップな楽曲の裏に潜むロック魂的なものも

見え隠れしているように思えます。


こうした楽曲の魅力を増しているのが

ヴォーカリストであるグザヴィエ・ボワイエの声であり

その柔らかい質感の声によってサウンドの爽やかさは増幅され

ジャケットのイラストのような青い空、白い雲が似合う

そんなポップサウンドが完成していくわけです。

1曲目「Yellow Butterfly」から3曲目にしてヒットシングル「Heartbeat」、

そしてタイトル曲「Puzzle」と聴き進めるごとにこの世界にどんどん夢中になっていく

楽曲の持つ味わいに捕えられる感覚もまた楽しいというか。


日本、イギリス、アメリカ、スウェーデン、そしてフランス。

ギターポップサウンドの気持ちよさは万国共通なのだなぁ、と

感じさせる1枚であり、1stでありながら奇跡のような完成度を聴かせる

そんなアルバムとなっている今作。

現在は5枚のオリジナルアルバムと1枚のベストアルバムをリリースしており

いずれもポップ感とロック性のバランスのとれたいいアルバムとなっていますが

この1stの持つ輝きはその中にあってもひときわ強いものであるように思います。

毎年夏になると聴きたくなる、そんな1枚です。



スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

プロフィール

barkindog

Author:barkindog
音楽好きの三十路半ばのおっさんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。