スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

023/100 ICE「MUSIC FOR THE BEAUTIFUL DAYS 1993/2007」

ずいぶん間隔が空いてしまいましたが、12月最初の「Lifetime 100disks」です。

今回は12月18日ということで、ICEの作品を・・・と思いましたが

アルバム1枚に絞りきれないため、今回は2枚組のオールタイムベストを紹介させていただきます。


ICEは元々宮内和之のインディーズレーベルであり、

ギタリストである宮内を中心としたセッションでの活動を考えていた

不定形のプロジェクトからのスタートでした。

セッション内のコーラスを担当していた国岡真由美がヴォーカルを担当することになり

東芝EMIとの契約の際、他のメンバーはセッションミュージシャンとしての契約があったため

その瞬間からICEは宮内と国岡の二人が前面に出る「ユニット」となることになります。

バンドメンバー(ICE BAND)、スタッフなども固定ではあるのですが

マスコミなどへの露出はこの二人が前面に出て活動することとなったわけです。


93年のメジャーデビューから早いペースでのアルバムリリースや

CM・深夜番組のタイアップなどで知名度を高めるとともに

当時盛り上がりを見せていた「渋谷系」ムーブメントにのる形で

人気を高めていき、96年の「銀座ジュエリー・マキ」のCMタイアップ

(当時は深夜に大量オンエアされる定番CMであり、

このタイアップから大ブレイクしたアーティストはB'zを筆頭に数多いです)

「GET DOWN,GET DOWN,GET DOWN」によってブレイクを果たし、

そこからどんどん渋谷系ポップスを脱却し、

ロックやソウルを前面に出したサウンドへと変化していきます。

その後もCM出演、レコード会社移籍などを経験する中

宮内の耳下腺癌が発覚し、闘病生活が始まります。

その中でメジャーを離れ、自身のレーベルであるfreebirdを設立。

ライブ活動を中心に活動を続けていた中で、この今までのキャリアを総括したベストがリリースされます。


デビュー曲「HEAVEN」から「C'est La Vie」までの全シングルに加えて

アルバム曲も含めた楽曲を年代順に収録。

この翌月に発売され、結果的にラストアルバムとなってしまった「Speak Low」からの楽曲も

先行収録された29曲、2時間23分のこのアルバムは

彼らの音楽の流れ・・・おしゃれな渋谷系ポップスからどんどんロックの肉体性、というか

「体温」を獲得していくような流れを味わうことができる、そんな構成となっております。

さらにウルフルズや斉藤和義の兄貴分として慕われていた宮内の人脈を現すような

斉藤参加の「(Going To The)LIGHT OF THE WORLD」も収録されており

斉藤と国岡のデュエットに宮内のギターが絡む、ロックな楽曲として仕上がっており

これもまた聴き所といえるでしょう。

さらにDVDには2004年のライブと、PVが収録されており、

ライブバンドとしての彼らの魅力も堪能することができる作品となっております。


このアルバムリリースの翌月、新作「Speak Low」をリリース。

闘病しながらのレコーディングの中で、宮内は長年のパートナーとなっていた国岡と入籍し

公私共のパートナーとなったわけですが・・・


「Speak Low」リリースの2ヵ月後、2007年12月18日。

宮内和之は癌との闘病の末、この世を去ります。

クールなメロディでありながらギタープレイでは熱さを感じさせ、

特にワウを効かせたカッティングのかっこよさに定評のあった名ギタリストであり

時に少年のようにロマンチックな詞を書く作詞家でもあった彼の死は、

日本の音楽シーンにいまだに埋められない穴をあけた

大きな損失であると思います。


宮内の死後、国岡は2009年に小文字の「ice」として

変則3ピース+国岡ヴォーカルという形で活動を再開、

宮内が生前ICEと平行して所属していたヘヴィー・バンド「BLIND HEADZ」とともに

楽曲制作を行うなどの活動と平行して

土橋安騎夫(元レベッカ)のソロ活動にゲストシンガーとして参加、

(現在配信のみ、2012年1月にCDとしてリリース予定。下にアフィ貼っておきます)

帽子ブランドのモデルも勤めるなど現在は精力的に活動しているようです。

これからの彼女の活動を楽しみにしつつ、

今日は1日宮内サウンドに浸りたいと思います。




 
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

barkindog

Author:barkindog
音楽好きの三十路半ばのおっさんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。