スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

025/100 堀込高樹「Home Ground」

あけましておめでとうございます。

今年もゆるゆると更新してまいりますので、よろしくお願いいたします。

(理想でいえば、今年中に100枚完結したいのですが・・・)


さて、1月の正月休み真っ只中。

大きいお店は初売りで忙しいですが、商店街や官庁街、

オフィス街は冷たく、静かな空気に包まれて

少し独特な雰囲気を感じる時期でもあります。

そんな雰囲気にぴったりな1枚が、今日紹介する

キリンジ・堀込高樹(兄)のソロアルバム「Home Ground」です。


キリンジの移籍、制作体制変更(セルフプロデュースへの移行)期の

しばしの活動休止期間にリリースされたソロアルバムであり、

「大人のためのちゃんとしたポップス」を制作コンセプトに作られた

ソングライターとしての魅力を存分に発揮した1枚でもあります。


その楽曲たちのテーマになっているのは「冬」。

特に原田郁子(クラムボン)をゲストコーラスに迎えた「冬来たりなば」は

この時期の静かな街の中を初詣に向かう情景が美しく描かれており

キリンジで見せていた美しいメロディを前面に出した作品となっています。

「絶交」のひねくれ具合や「クレゾールの魔法」の変態っぷり、

「涙のマネーロンダリング」の視点など、キリンジで見せる捻りの成分も

ソロということで兄成分さらに増量という形となっています。


「一度きりの上映」の失われてしまう情景への寂しくも美しい視点、

「パレードはなぜ急ぐ」の妖しさなど、聴けば聴くほど高樹ワールドへとはまりこむ作品。

前回紹介の「The Nightfly」に匹敵する、国産大人向けポップスアルバムの

代表的な1枚といっても過言ではないアルバムといえるでしょう。


現在はキリンジとしての新作制作中、

ソロとしては「グラノーラ・ボーイズ」というバンドを結成しての

イベント出演などを行っておりましたが、いまだ音源リリースの予定はなし。

弟・泰行の馬の骨は2ndアルバムをリリースしておりますので、

濃厚な兄成分に溢れたソロ活動での次作にも期待したいと思います。






スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

barkindog

Author:barkindog
音楽好きの三十路半ばのおっさんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。