スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

002/100 V.A.「The Blues Brothers Soundtrack」

少し間が開きましたが、2枚目のセレクトは洋楽を。

「ブルース・ブラザーズ」サントラ盤です。

「1Day,1Disk」では98枚目に紹介していたアイテムですね。

「サタデー・ナイト・ライブ」の1コーナーから羽ばたいた

ジョン・ベルーシとダン・エイクロイドの二人が繰り広げる

むちゃくちゃでパワフルで何よりも楽しいコメディ映画のサントラです。


刑務所から出たジェイク、それを迎えに来たエルウッド。

そんな彼らを待っていたのは、彼らが育った孤児院が税金滞納で立ち退きになる、という知らせ。

教会で神の啓示(!)を受けたジェイクは、かつてのバンドを再結成し

コンサートを行うことで孤児院の危機を救おうとするのですが、

警察やネオナチなどに追われることに・・・

そんなひたすら音楽とどたばた(派手なカーチェイスもあり)に溢れた

見ていて気持ちのいい映画です。

正直、100本選べば確実に入るどころかトップ10に入るくらい好きな映画です。


そしてこの映画にはR&B系ミュージシャンが多数出演しております。

孤児院の管理人(兼、彼らのマネージャー的役割)はキャブ・キャロウェイ、

ジェイクに啓示を与える牧師はジェームス・ブラウン、

楽器店店主はレイ・チャールズ(盲目をギャグにしたシーンも)、

バンドメンバーの一人の妻役にアレサ・フランクリン・・・

今回紹介するサントラには、そんな彼らの歌うナンバーももちろん収録されております。

ただのサントラである以上に、ブルース・R&Bのベスト盤的な聴き方もできるような

そんな作品に仕上がっているわけです。


もちろん、スティーブ・クロッパーを始めとしたブルース・ブラザーズ・バンドの演奏力や

ベルーシ&エイクロイド・・・というかジェイクとエルウッドの歌唱力も流石、のひとこと。

各楽曲についても述べたいところですが、

それぞれが曲単体で聴ける楽曲ではあるのですが

どうしても映画の各シーンと結びつけてその楽しさの真価がわかる楽曲だとも思うので

映画も見て、としかどうしても言えなくなってしまいます。

(「ローハイドのテーマ」とか、どうしてこれが入ってるのか、は映画見てないとわからんしね。

 それぞれの曲も映像と合わせて楽しんでほしいですし)

現在はDVDもブルーレイも低価格で手に入りますし、

80年代頭の映画ではありますが今見ても当然楽しいですので

こんなブログを見に来ているのに見たことない方(いるのか?)には

必須の映画ですし、サントラであると思います。

・・・続編の「ブルース・ブラザーズ2000」も、映画的な面白さは及びませんでしたが

参加ミュージシャンの豪華さは今作以上ですので合わせて楽しみたいところです。








スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

barkindog

Author:barkindog
音楽好きの三十路半ばのおっさんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。