スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

038/100 James Brown「40th Anniversary Collection」

3月最初の1枚は、こちらの作品を。

キング・オブ・ソウル、ジェームス・ブラウンのベストアルバムです。


貧しい家庭に生まれながらも高い歌唱力に恵まれていた彼。

若い頃は犯罪に手を染めたりもいたしましたが、

1956年、フェイマス・フレイムズの一員としてデビュー

(このアルバムはそれから40年を記念してリリースされました)

そして60年代にファンクミュージック路線を確立し、

70年代、バックバンドのメンバーの大幅変更により

ブーツィー・コリンズなどのメンバーを迎えた「JB's」の誕生、

そしてファンクサウンドの全盛期を迎えます。


その音楽性がディスコブーム時代には「古い」と揶揄されたりも

していたものの、ステージアクトのタフさなどに支えられて

80年代には人気を回復、2006年12月25日の死の目前まで

ステージに立ち続け、そのパワフルな歌で世界を沸かせてきた

そんなファンクの帝王の足跡をまとめたのがこの2枚組アルバムになるわけです。


デビュー40周年、すなわちその死の10年前にリリースされた作品ですが

「Papa's Got A Brand New Bag」、「I Got You(I Feel Good)」、

「Get Up (I Feel Like Being A) Sex Machine」といった代表曲は

もちろん完全網羅、さらに年代順に収められているので

1曲目の「Please,Please,Please」から聴いていけば

そのままファンクという音楽の歴史が辿れてしまうような

40年を40曲に集約した作品。

この後もベスト盤は数々リリースされておりますが

ボリューム、聴きやすさを考えればこれくらいがいいのかな、と

思ってしまいます(もちろん、20曲くらい収録のベストも手軽なのですが)


一度流し始めればノンストップで踊り始め、

汗の飛び散るダンスフロアになってしまう、そんな作品。

踊り疲れて倒れても、誰かにケープを掛けてもらえば

たちまち復活してしまうことでしょう。

現代でも時代を超えて通じてしまう、

ダンスミュージックのスタンダードたちをじっくり味わってください。




スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

barkindog

Author:barkindog
音楽好きの三十路半ばのおっさんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。