スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

041/100 indigo jam unit「REALism」

せめて月刊ペースは脱したい。

そう思いつつの41枚目は和ジャズから。

indigo jam unitの「REALism」です。


ウッドベース、ピアノ、ドラム、ドラム兼パーカッションという

リズム隊偏重のカルテット編成のこのバンド。

その編成から想像できる音の通り、極太で濃厚、

そしてブラック・ミュージックにも通じるリズムが

最大の持ち味であるとともに、そのレコーディングは

すべて一発録音+修正無しという完全なライブ感覚で行われ

それゆえにスタジオ盤でありながらもライブ盤のような

緊張感とパワフルさに満ちた作品を生み出し続ける

そんなバンドでもあります。


この3rdアルバムでも、1曲目「Adrenaline」の最初から

ぶっといベースのサウンドに、テンションの高いピアノが絡み

タイトル通りのアドレナリンの沸き立つ楽曲となっているわけですが

ベースが主導権を握るごりっとした曲と、

ピアノが主導権を握るメロディアスな曲の緩急のバランスが良く

前半はパワフルな曲中心(特に「Matador」のスパニッシュなかっこよさといったら!)

後半は静かでメロディアスな曲が中心となっており

熱くなった身体と心をクールダウンさせてくれるような

そんな構成になっているのも、アルバムを通して聴く楽しみになっています。


リズム隊のパワフルさももちろん彼らの魅力ではありますが、

ただのごりごりとしたパワー押しでない確かな技量を感じるあたりに

彼らの人気の理由を思ったりもいたします。

ロック好きの方がまず最初に聴く日本のジャズバンドとして

おすすめしていきたい魅力に溢れたバンドであり

分厚いリズム隊とスリリングなピアノの応酬は

クラブミュージック好きな方にも聴いて頂きたい作品でもあります。

熱さと繊細さを兼ね備えた魅力に、ぜひできるだけいい音で触れてください。

(是非、生で見てみたいバンドでもあるのですが・・・)



スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

barkindog

Author:barkindog
音楽好きの三十路半ばのおっさんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。