スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

042/100 Brand New Heavies「Brother Sister」

本家「1Day,1Disk」が1000枚到達してずいぶん経つわけですが

こちらのほうの更新が1か月以上止まっておりました。申し訳ない。


というわけで久々の更新はアシッド・ジャズムーブメントが産んだ名盤

Brand New Heaviesの3rdアルバム「Brother Sister」です。


アシッド・ジャズとはレーベルの名前であるとともに、

80年代後半から巻き起こったクラブジャズムーブメントの名前でもあります。

80年代頭からクラブにおいてジャズをかけて踊るイベントが始まり、

その中でジャズ・ファンクやソウル・ジャズ、ファンクやラテン、

ジャズをサンプリングしたヒップホップなどが混然一体となり

80年代半ばにはこれらの現象に「アシッド・ジャズ」という名前が付けられ

87年にエディ・ピラーとジャイルズ・ピーターソンによって

「アシッド・ジャズ・レコード」が設立、JamiroquaiやIncognito、Omarに

今回のBrand New Heaviesなどがこのレーベルからリリースされ

世界のダンスフロアを沸かせていくことになります。


そしてBNHの歴史について、ですが

80年代にBrother Internationalというインストアシッドジャズバンドとして結成され、

レコードデビュー契約時にBrand New Heaviesに改名。

90年にCooltempoレーベルからデビューし、

同年にアシッド・ジャズから1stアルバム「Brand New Heavies」をリリースします。

そしてアメリカではDelicious Vinylレーベルと契約して

アメリカリリースを行っていくわけですが、このアメリカでの契約には大きなおまけがついてきました。

Delicious Vinylからメジャーデビューしていた女性シンガー、

エンディア・ダヴェンポートが加入することになり、1stアルバムのヴォーカルを差し替えて再リリース、

「Never Stop」などがヒットシングルとなります。


続く92年の2ndアルバム「Heavy Rhyme Experience Vol.1」では

ヒップホップとの融合を図り、女性ヴォーカルを廃して

ギャングスタ・ラッパーたちとの共演を行います。

そして2年の製作期間を経てリリースしたのが今作でございます。


エンヴィアのヴォーカルが大々的にフィーチャーされた今作では

「Dream on Dreamer」、Maria Muldaurの73年のヒット曲のカバー

「Midnight At The Oasis」が代表的なヒット曲となり

(アメリカ盤(下リンクでのジャケットの人数の多いほう)では

「Midnight~」は未収録となっていますので注意)

それ以外の楽曲も70年代ファンクの風味を

90年代の空気にうまく翻訳した、おしゃれでポップ、

スローでありながらも自然に体を揺らすようなナンバーとなっており

特にホーンセクションとベースの生み出すグルーヴ感が

このバンドの最大の魅力といってもいいと思います。


このアルバムをリリース後、エンヴィアは自身のソロアルバムを作るため

BNHを一時脱退、残ったメンバーは新ヴォーカルを加入させてリリースを続けますが

2006年にエンヴィアの復帰が実現します。


アシッド・ジャズムーブメントの終了とともに

影の薄くなってしまった感もある「時代の華」的なアーティストではありますが

今聴きなおしてみてもそのグルーヴ感とポップセンスは

時代を超えて通用する作品であり、

90年代カルチャーを代表するアルバムのひとつ、として

これからも聴かれ継いでほしい1枚としてセレクトしてみました。



 
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

barkindog

Author:barkindog
音楽好きの三十路半ばのおっさんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。