スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

050/100 METALLICA「METALLICA」

ギリギリ月1更新を維持する形で。

本日の1枚は、通称「ブラック・アルバム」こと

Metallicaの5th「Metallica」です。


よく目を凝らしてやっとロゴと蛇が描かれていることがわかるジャケット。

その漆黒のジャケットが、このアルバムの音楽性をそのまま表現しております。

1曲目「Enter Sandman」からの重く、鋭く、力強い音楽。

それはたしかに地獄の底から響いてくるようなおどろおどろしさもありますが、

バンドとしての充実も、各メンバーのテクニックの巧みさも感じられる

そんな音楽でもありました。


1981年、ジェイムズ・ヘットフィールド(Vo、G)とラーズ・ウルリッヒ(Dr)が中心となって

結成されたこのバンドは、その活動の初期ではスラッシュメタルとしての

「速さ」を追求した楽曲をプレイし、高い支持を得ておりました。

何度かのメンバーチェンジ(初代ギタリストのデイブ・ムステインはメガデスを結成、

日本のテレビでおなじみのマーティ・フリードマンはこのメガデスのギタリストでした)を経て

このアルバム時のメンバーはジェイムズとラーズに

ギターのカーク・ハメット、ベースのジェイソン・ニューステッドという編成となっていました。


前作から3年の間隔をあけてリリースされたこのアルバムでは、

ギターの速弾きなどに代表される「速さ」から、

サウンドの持つ重みのあるグルーヴ感を重視するサウンドへと転換しました。

シリアスで、重く、暗く、それでいてパワフル。

この1か月後に発売されたNirvanaの「Nevermind」とともに

90年代前半ロックシーンの方向性を決定づけた重要な1枚でもあり、

今初めて聴いたとしても、胸の奥にずしん、と響いてくる音楽でもあるのです。



スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

barkindog

Author:barkindog
音楽好きの三十路半ばのおっさんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。