スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

051/100 Cymbals「Mr.Noone Special」

すっかり3か月くらい放置しておりました・・・

ブログタイトルの変更告知すら「1Day,1Disc」のほうでやったきりで

こちらでは一切アナウンスしていませんでしたし。

というわけで「Lifetime 100discs」、これからもよろしくお願いいたします。


さて、折り返し点を過ぎて1枚目は、解散後のメンバーの作品を紹介して

本体のほうをまだ紹介していなかったこちらのバンドの1枚を。

Cymbalsの2ndアルバム「Mr.Noone Special」です。


沖井礼二、矢野博康、そして土岐麻子の3人によって結成された

このバンドのコンセプトは「かわいくっていじわるな感じのバンド。ただしパンク」。

メインのソングライティングを担当する沖井の世界を

矢野の正確なドラムと、土岐の柔らかな声が表現するという

そんな活動を行う『ネオ渋谷系』と呼ばれたバンドでした。


そのサウンドの根幹はパンクの疾走感とポップスの甘さ、

そこにジャズの渋味をスパイスに効かせたような

心浮き立つサウンドであり、洋楽テイストの強さ(アルバムの大半は英詞曲)に

土岐の歌声がかっちりとはまり、「毒気のあるかわいさ」という

バンドのコンセプトを反映するキャラクターをつけているのが

このバンド最大の特徴であるといえます。


インディーズでの2枚のミニアルバムで荒削りだったサウンドが

メジャー1st「That's Entartainment」で

洗練されたポップ感に変化して、8か月の間隔でリリースされた今作。

パンクの疾走感をうまく昇華した、良質なポップスとして完成されたアルバムとなっており

シングル曲「Do You Believe In Magic?」「Highway Star,Speed Star」2曲の

恐ろしいほどの完成度が、このアルバムの内容をうまく表現しております。

特に「Highway~」の持つ速度違反誘発的なスピード感は

このバンドの持つ魅力をぎゅっと凝縮した1曲であると思います。


この作品の後、カバーアルバム、リミックス盤を挿み

矢野主導のエレクトロ/ハウスに傾倒した3rd「sine」、

結果的に最終作となった沖井主導の4th「Love You」を経て

2003年に解散を発表、2004年1月のライブを最後に

彼らはそれぞれの活動に入ることになります。


サックスプレイヤーである父との共同作によるジャズカバーから

親交深い作曲陣を迎えてのポップス、そして80年代シティポップ路線へと

転換しつつ、CMソングなどでお茶の間にも存在感を示す土岐。

Nona ReevesやRHYMESTER、キリンジといった早稲田閥のアーティストから

ハロプロなどのアイドルポップへの曲提供/プロデュースなどを手掛け

最近では南波志帆のプロデュースで注目される矢野。

そしてソングライターとしての能力をFROG、SCOTT GOES FORで発揮しつつ

最近ではTwinklestars(さくら学園バトン部)や竹達彩奈への曲提供

(竹達に関してはほぼプロデュースチームの中心人物)も行う沖井。

3者がそれぞれ得意なフィールドで活躍しつつ、土岐と矢野は南波志帆の作品で

再度の共演を行っております。


現在Cymbals作品はCDでは入手難となっておりますが

iTunes Storeでの配信が行われておりますので

最近のメンバーそれぞれの作品から遡って聴きたいと思っている方は

そちらを利用されるのがいいのかもしれません。






スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

barkindog

Author:barkindog
音楽好きの三十路半ばのおっさんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。