スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

007/100 稲葉浩志「志庵」

9月21日はB'zデビュー記念日、23日は稲葉浩志の誕生日、ということで

7枚目のご紹介は稲葉ソロ2ndアルバム「志庵」です。

「1Day,1Disk」では178枚目に紹介した作品となります。


B'zは松本孝弘が作曲、稲葉が作詞という分業制であり

特に「常にヒットを期待される」というユニットの性格上

よりポピュラーに、とバランスをとる形での制作体制になります。

その中で押さえ込まれていた稲葉のパーソナルな部分・・・

どちらかといえば暗く、重い側面を色濃く出していくのが

稲葉ソロという作品の傾向として感じられます。

(4作目「Hadou」はプライベートの充実もあるのか、穏やかな作品となりましたが)

プライベートの環境の変化(ぶっちゃけて言えば離婚)が

作風にもろに反映されていたのが1stソロの「マグマ」であったわけです。


今回紹介する「志庵」のタイトルは、彼が自宅に設立した

プライベート・スタジオの名前からとられております。

故郷である岡山弁が混ざる「O.NO.RE」、

兄に向けて書いた手紙が元となった「LOVE LETTER」、

趣味であるツーリングが元となった「あなたを呼ぶ声は風にさらわれて」といった

私小説的な作風も見られますが、

プライベートが前作に比べて充実しているためか

ジャジーなラブソング「Touch」、ストレートなロック「Here I am!!」など

内面を吐き出すような作風からの脱却が見られるというか

「マグマ」ほどの自省モードを感じず、

稲葉のもっている内向性とのうまくバランスがとれているような

そんな印象をうける作品に思います。

メッセージ性をはらむ「Seno de Revolution」や

静かなイントロからの盛り上がりがすごい「炎」などの曲も

「B'zの稲葉浩志」とは違う、ミュージシャン・稲葉の力量を感じる楽曲となっており、

むしろB'zファン以外にも聴いていただきたいアルバムと言えるでしょう。

ほか3枚(2011年現在)のアルバムもおすすめですが

まず最初の1枚、としては僕はこの1枚を選びます。




スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

barkindog

Author:barkindog
音楽好きの三十路半ばのおっさんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。