スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

020/100 OASIS「(WHAT'S THE STORY)MORNING GLORY?」

20枚目のセレクトは、90年代ブリットポップを代表する名盤、

OASISの2ndアルバム「(WHAT'S THE STORY)MORNING GLORY?」です。

「1Day,1Disk」では649枚目のセレクトでした。


このアルバムがリリースされた1995年。

世界はまだ、Windows95の普及でインターネットが騒がれ始め

世界各国でCDがとても売れていた時代でした。

これからWindows98リリース、インターネットの一層の普及、

違法音楽ダウンロードや本格的な音楽配信の開始、

そしてMP3プレイヤーの普及という音楽をとりまく環境の変化が訪れ

CDが売れなくなっていく、その手前のもっとも華やかだった時代。

日本では小室哲哉の隆盛が始まるとともに、Mr.Childrenが大ブレイクし

Dreams Come TrueやB'zが売れ続けていた時代ですが

イギリスでは前年のNIRVANAのカート・コバーンの自殺により

グランジブームの終焉が始まり、それに変わるムーブメントとして

2つのバンドが中心となった「ブリット・ポップ」というムーブメントが始まります。


まず火付け役となったのは、中産階級出身でやや捻くれた歌詞や楽曲を歌うblur、

そして労働者階級出身でシンプルかつパワフルなロックを歌うOASIS。

この2組のバンドにより、イギリス音楽界を揺さぶる争いの時代が始まったわけです。


この「ビートルズとストーンズの再来」といわれた彼らの

(ちなみにストーンズは中産階級、ビートルズは労働者階級出身です)

最初の直接対決は95年8月14日のシングルチャート。

OASISは「Roll With It」、blurは「Country House」を同日リリースし

(集計ミスなどで遺恨を残す結果になったものの)blurの勝利となり

芸能マスコミによりこの対決が注目されていくことになります。

そんな中で発売されたのがこのOASISの2ndアルバムでした。


国民的歌唱曲となった「Don't Look Back In Anger」「Wonderwall」に

「Some Might Say」や「Hello」、「Morning Glory」といった佳曲、

アルバムを締めくくる大名曲「Champagne Supernova」と

アルバムトータルでの完成度も異常に高いこのアルバムは

全世界2200万枚のリリースという大ヒットを記録します。

(blurの「Great Escape」には当然圧勝)


しかし、この対立を煽るマスコミ報道や、彼らに続くバンドが多く出る中

だんだんと質の悪いバンドが出てくるようになったこと、

そしてOASISの次作「Be Here Now」が賛否分かれる出来だったことなど

シーン自体が冷え込んでいき、90年代の末にはこのムーブメントは終わり

全体的なCDのリリース枚数も世界的に落ち込んでいく流れに突入していきます。


そして2000年代、blurは活動を休止し、OASISもメンバーチェンジと

兄弟げんかによる活動休止→再開からの2010年の解散と

あの90年代の輝きはなんだったのだろう、と思うほどの現状になっています。

日本の音楽シーンも、幾度の大きな変化を経験しました。

しかし、CDを再生すればいつでもそこには、あの輝いていたブリット・ポップの時代と

CDショップを毎週訪れて新しい音楽との出会いにわくわくしていたころの自分に

また出会えるような気がするのです。

そんな僕らの年代にとっての語り継がれていく名盤、として

これからもポップミュージック史に残り続けていき、

若い世代に薦めて苦い顔をされるようなアルバムであると思います。

そしてまた気がつくと「Don't Look Back In Anger」のサビを歌っていたりするのです。



テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

010/100 Deep Purple「Burn」

ついに1/10到達。10枚目の紹介は

ハードロックの古典、Deep Purpleの「Burn(邦題:紫の炎)」です。


1968年にデビュー、「第1期」はのちにKula Shakerもカバーした「Hush」を産むも

1年でヴォーカルとベースが(他のメンバーとのトラブルで?)脱退。

続く「第2期」が「Smoke on the water」などのハードロック路線を確立し、

世界的に大ブレイクすることになりますが、それに伴うスケジュールの過酷さや

バンド内の人間関係などが原因となり、ヴォーカルのイアン・ギランと

ベースのロジャー・グローヴァーが脱退することになります。


そして1973年、「歌えるベーシスト」としてグレン・ヒューズが加入。

シンガーとして元フリーのポール・ロジャースの加入を

ギターのリッチー・ブラックモアが考えていたものの、

ポールが自分のバンドであるバッド・カンパニーを結成してしまったため

ヴォーカリストを公募することになります。

ここで4000名の中から選ばれたのが、デヴィッド・カヴァーデイルでした。

後にホワイトスネイクを結成し、世界中を席捲することになるスターも

このころはニキビ顔の若者だったわけです。

そして1974年にリリースされたのがこの「Burn」になります。


クラシカルなフレーズとファンタジックな歌詞、

そしてジョン・ロードのオルガンが冴えるタイトル曲「Burn」、

ヒューズとカヴァーデイルが好むR&B・ファンク要素が強く出た

「Lay Down,Stay Down」「You Fool No One」、

名バラード「Mistreated」・・・と、新ヴォーカリストの加入により

新しい風が吹き込まれた彼ら。

印象に残るリフと激しさで人気を得た2期に比べ、

メロディアスさを増したという印象もあります。


しかし、新メンバーの指向するサウンドと、リーダーであるリッチーの音楽性が

食い違っていることが、次の火種となっていきました。

次作「Stormbringer」制作時にはその音楽性の違いにより亀裂が広がり

結果、リッチー・ブラックモアは脱退してRAINBOWを結成、

DPはリーダーを失い、新ギタリストであるトミー・ボーリンを迎え

「4期」としてR&B色を強めた「Come Taste The Band」をリリースしますが

ハードロックを求めるファンたちから嫌われ、一旦DPはその歴史を閉じることになります。


1984年に世界的なヘビーメタル・ブームの中、DPは第2期メンバーで再結成することになりますが

その後も衝突やメンバーチェンジを繰り返しながらも活動しております。

特に日本においてはツェッペリンともども大人気となり、

ビートルズ以上に楽譜が売れたバンドとして、

そしてギターを持って最初に練習するのが「Smoke On The Water」のリフ、という

ギター少年もいまだに生まれ続けているのです。


今回「Burn」を選んだのはあくまで個人的な好みの部分が大きいのですが

(個人的にカヴァーデイルとヒューズのヴォーカルが好き、というのが大きいです)

偉大なロック・クラシックとしてしっかりと作品を聴いておきたいバンドだと思います。



テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

006/100 King Crimson「In The Court Of The Crimson King」

6枚目にご紹介するのは、キング・クリムゾンの「クリムゾン・キングの宮殿」です。

1969年にリリースされた彼らの1stアルバムであり、

ピンク・フロイドの「狂気」、エマーソン・レイク&パーマーの「タルカス」あたりと並ぶ

プログレッシブ・ロックの代表作として知られております。

「1Day,1Disk」では183枚目の紹介でした)


この「プログレッシブ・ロック」という言葉は日本生まれの言葉であり

4分弱でシンプルなロックンロールに対し、ジャズやクラシックの要素を精神性込みで取り入れ

変拍子などを駆使した独創的・芸術性の高いロック作品を指すジャンルなのですが

このアルバムも収録曲5曲で44分弱、「Epitaph」は9分弱、

「Moonchild」にいたっては12分という大作となっております。


このアルバム制作時にはプロデューサーの交代、セルフプロデュースへの移行や

レコード会社の変更、このアルバムでのサウンドを牽引していた中心メンバーであった

イアン・マクドナルドのアルバム完成後の脱退・・・といったトラブルも続いていたり

その後もメンバーチェンジ、音楽性の進化を重ねて、幾度の解散と再結成をしながら

現在まで活動を続ける彼らですが、その進化しつづける音楽の原点、というか

ロバート・フリップという才能の原点を聴くことができるだけでなく

難しい知識などを脇において聴いても普通にかっこいいクラシカルロックとして

楽しむことができてしまう、というそんな作品。

特に「21st Century Schizoid Man」(新しい邦題にいまだになじめない)の

途中の転調のかっこよさは、ロック好きならしびれるものがあると思います。

他の楽曲も壮大で美しく(後半3曲はそれぞれ2部構成の組曲的な作品になっています)

フルートやサックスといった当時のロックとしては珍しい楽器が奏でる

その世界に浸りきりたくなるアルバムです。


インパクトの強すぎるジャケットを含め、ロックの名盤として

リリースから40年が過ぎた今でも輝きつづける1枚です。

防犯や魔よけにジャケットを飾っておくのもいいのかも。



テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

プロフィール

barkindog

Author:barkindog
音楽好きの三十路半ばのおっさんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。